ドッグショー入賞の犬が死亡 毒殺か

ドッグショー入賞犬、毒殺か

ロンドン(CNN) 世界最大のドッグショーの1つ「クラフツ」で入賞を果たした犬が翌日に不審な死を遂げたのを受け、警察が捜査に乗り出した。その後の検視結果から、犬は毒を盛られたと見られる。

「ジャガー」の愛称で呼ばれていた3歳のアイリッシュ・セッター「ゼンダラ・サティスファクション」は5日、イングランド中部バーミンガムで開催された同イベントで、出場した部門で2位に入賞した。

しかし翌日、ベルギーの自宅に戻った後、急に具合が悪くなった。ジャガーの飼い主で、オーナーブリーダーのディー・ミリントンボットさんによると、ジャガーが呼吸困難に陥ったため獣医を呼んだが、ジャガーは獣医の到着前に死亡したという。

ミリントンボットさんは「獣医が不審に思い、検視を行った」とし、さらに「(ジャガーの)胃から四角くカットされたビーフが見つかった。その中には少なくとも2種類の毒が入っていた。ビーフから毒が漏れ出さないように細工されていた」と述べた。

ジャガーの体内からは、馬1頭を殺せるだけの毒が検出されたという。

クラフツを主催するケネルクラブの広報担当者によると、1891年から続く長い歴史の中で、このような事件は前代未聞だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]