サラ・ジェシカ・パーカー、マノロブラニクCEOと靴ブランド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラ・ジェシカ・パーカー、インタビュー

(CNN) 全世界でセンセーションを巻き起こしたドラマ「セックス・アンド・ザ・シティー」の主人公キャリー・ブラッドショーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーさん(49)がCNNのインタビューに応じた。

同ドラマのなかで、主人公キャリーは女性靴の高級ブランド「マノロブラニク」の熱狂的ファンで、ニューヨークの街角で強盗に銃を突き付けられたとき、「フェンディのバッグも、指輪も時計も持っていっていいわ、でもマノロブラニクだけはやめて!」ととっさに叫ぶ。

しかし無残にも、強盗は彼女の宝物であるサンダルを奪い去っていく。

一体どれだけの強盗が、女性の履く靴の価値を知っているか、は別にしても、このシーンは、主人公キャリーの靴への異常な執着心を良く表していると言えるだろう。

「マノロブラニク」の名は、6シーズン続いたこの大ヒットドラマを通して、世界中の女性に知れ渡った。

1998年から2004年まで、ニューヨークのコラムニストであるキャリーを演じ、4つのゴールデン・グローブ賞を受賞した女優サラ・ジェシカ・パーカーさんも、マノロブラニクの熱狂的ファンの1人である。

パーカーさんは、マノロブラニクのジョージ・マルケムスCEOに、「もしできたら一緒にシューズラインを立ち上げたい」という提案を持ちかける。受け入れられたときは信じられなかったと語る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]