「ファインディング・ニモ」続編、15年公開へ ピクサー

(C)Disney/Pixar/Facebook.com

(C)Disney/Pixar/Facebook.com

(CNN) 米ウォルト・ディズニー傘下の映画制作会社ピクサーは2日、2003年にヒットしたアニメ映画「ファインディング・ニモ」の続編を2015年11月に公開すると発表した。

続編の「ファインディング・ドリー」は第1作に続いてアンドリュー・スタントン監督が手がける。ドリーは第1作に登場した陽気なナンヨウハギ。カクレクマノミのマーリンと友達になって、誘拐されて歯科医の水槽で飼われていたニモを探すというストーリーだった。

続編はそれから約1年たったという設定になる見通しで、一部は米カリフォルニア州沿岸が舞台になる。

米紙ロサンゼルスタイムズによると、マーリンやニモのほかにも前作の主要キャラクターが登場予定だという。

前作に引き続いてドリーの声を担当するトークショー司会者のエレン・デジェネレスは、短文投稿サイトのツイッターに新作のアート写真を掲載し、「正式発表です」と紹介。「この日をずっとずっと長い間待ち続けていた」とコメントした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]