写真特集:石油発見前のカタールの姿、廃村が伝える

アルジュマイルでの主な生活空間は中庭付きの家で、内側に向かっていた。中庭やプライベートな家族の空間を外から見られないよう、各家には比較的高い壁が設けられ、入り口はずらして配置されていた/Dimitris Sideridis

アルジュマイルでの主な生活空間は中庭付きの家で、内側に向かっていた。中庭やプライベートな家族の空間を外から見られないよう、各家には比較的高い壁が設けられ、入り口はずらして配置されていた/Dimitris Sideridis

アルジュマイルは、カタール北西部沿岸に点在する打ち捨てられた村の1つだ。こうしたほぼ無名の「ゴーストタウン」の跡は、過ぎ去った時代の生活を魅力的な形で垣間見させてくれる。石油や天然ガスを原動力とするカタールの目覚ましい経済発展を機に、人々が伝統的な小村を離れ、拡大する首都ドーハに流入する前の姿だ

石油発見前のカタール、質素な暮らしを廃村に見る

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]