写真特集:コロナ禍から隔絶、南極調査員の生活を見る

ジェンツーペンギン、クジラ、アザラシ、アホウドリなどの野生動物が生息する南極。現在滞在する人の数は科学者や研究者を中心に5000人程度/Keri Nelson

ジェンツーペンギン、クジラ、アザラシ、アホウドリなどの野生動物が生息する南極。現在滞在する人の数は科学者や研究者を中心に5000人程度/Keri Nelson

新型コロナウイルスの感染が確認されておらず、今や「世界で最も安全な場所」と考えられている南極大陸には、現在約5000人が暮らしている。その大半は科学者や研究者で、同大陸に80ほどある基地で生活する

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]