砂の町の忘れられた家々、R・ベイロン氏の作品

ベイロン氏は早朝に撮影することが多い。「太陽が部屋の色彩を少しずつ変えていく様子が見られるから」だという/Romain Veillon

ベイロン氏は早朝に撮影することが多い。「太陽が部屋の色彩を少しずつ変えていく様子が見られるから」だという/Romain Veillon

フランス人写真家ロマン・ベイロン氏は、幼少時代から放棄された空間に魅了されてきた。現在ベイロン氏は忘れ去られ、荒廃した場所を中心に、それらの美しさを写真に収めている

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]