野生のクマ、生態監視カメラで「自撮り」400枚 米コロラド州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一番いい角度狙った? 野生のクマの「自撮り」止まらず

(CNN) 自然環境保護に根ざした街づくりを進める米コロラド州ボルダー市は、アメリカグマ1頭が野生生物の生態観察を続ける監視カメラを見つけ、好奇心に駆られる行動を示す中で「自撮り」の写真約400枚が記録される出来事がこのほどあったと報告した。

この街づくりは「オープンスペース・アンド・マウンテンパークス」と呼ばれ、広さ4万6000エーカー(約186平方キロ)の指定区域内に、動物の動きを感知すれば自動撮影するカメラ9台を据えている。

今回のクマを捉えたのはこのうちの1台で、撮影していた合計580枚のうちの400枚を「自撮り作品」が占めていたという。

好奇心旺盛なクマは意図せずに何百枚も「自撮り」/City of Boulder
好奇心旺盛なクマは意図せずに何百枚も「自撮り」/City of Boulder
一番いい角度を狙った?/City of Boulder
一番いい角度を狙った?/City of Boulder

同市が昨年8月に出した報道発表文によると、カメラは写真に加え、長さが10〜30秒の動画撮影も可能。

写真や動画は野生動物の生態を知り、重要な生息地を守るための材料になるとし、生息地を保護するための対策づくりなどに生かされているとした。

CNNの取材に応じたボルダー市によると、コロラド州内に出没するクマはアメリカグマだけで、ハイイログマの存在は知られていない。

同州の公園・野生生物局が2015年に公表した報告書によると、州内に生息するアメリカグマの個体数は単独で生き、捕まえにくい行動の習性があるため把握しにくい状況にある。推定数字は1万7000〜2万頭としていた。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「生き物いろいろ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]