アザラシ2500頭が大量死、海岸に死骸漂着 ロシア南部カスピ海

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アザラシ2500頭が大量死、海岸に死骸漂着 ロシア南部

(CNN) ロシア南部のカスピ海に面したダゲスタン共和国で、アザラシ約2500頭が海岸に打ち上げられて死んでいるのが見つかった。ロシア国営RIAノーボスチ通信が4日、地元当局者の話として伝えた。

死骸が見つかったカスピカイアザラシは、カスピ海に生息する唯一の哺乳類で、2008年に国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。

ダゲスタン共和国の天然資源省は、死骸の状態から判断して、死んだのは約2週間前だったと推定。乱暴されたり漁網に絡まったりした形跡はなく、「自然要因」で死に至ったとの見方を示した。

死んだアザラシの数はもっと多い可能性があり、当局が海岸の捜索を行うとともに、専門家が死骸を調べて死因の解明に当たっている。

保護団体によると、隣国カザフスタンでも今年に入り、カスピ海に面した海岸でカスピカイアザラシ140頭あまりが死んでいるのが見つかった。

IUCNによると、カスピカイアザラシは乱獲や生息地の減少、気候変動のために個体数が減少している。

ダゲスタン共和国は、同地に生息するカスピカイアザラシの個体数について、27万~30万頭の安定した状態を保っていると説明した。

RIAによると、カスピカイアザラシは主に魚を餌として、体長1.6メートル以上、体重100キロにまで成長する。食物連鎖の頂点にあり、自然環境で天敵は存在しない。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「生き物いろいろ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]