世界最大の細菌発見 長さ1センチ、人に例えれば「エベレスト並みの身長」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マングローブで発見された細菌「チオマルガリータ・マグニフィカ(T.マグニフィカ)」/Olivier Gros

マングローブで発見された細菌「チオマルガリータ・マグニフィカ(T.マグニフィカ)」/Olivier Gros

(CNN) 顕微鏡を使わなくても肉眼で見える巨大な細菌が発見されたとして、米国の研究チームが23日の科学誌サイエンスに論文を発表した。

巨大細菌はカリブ海の小アンティル諸島にあるフランス領グアドループで発見。人のまつ毛ほどの大きさがあり、形状もまつ毛に似ているという。

その大きさにちなんで「チオマルガリータ・マグニフィカ(T.マグニフィカ)」と命名された細菌は、細胞の長さが平均で、1センチ近い9000マイクロメートル以上もあった。大きなものは2センチに成長することもある。

巨大細菌は小アンティル諸島にあるフランス領グアドループで発見された/Hugo Bret
巨大細菌は小アンティル諸島にあるフランス領グアドループで発見された/Hugo Bret

一般的な細菌の細胞の長さは2マイクロメートル前後で、長くても750マイクロメートルにとどまる。

論文の共著者で、米エネルギー省関連研究所の研究者ジャンマリー・ボーランド氏は22日、「この細菌がどれほど巨大かを人間に例えると、エベレスト山並みの身長の人を発見したに等しい」とCNNに語った。

大腸菌をT.マグニフィカの上に並べると、62万5000個が収まる計算になる。ただしT.マグニフィカの表面は「著しく原始的」な状態で、植物や生物の表面に生息する細菌が存在していないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]