虐待家庭から幼児を保護した警官、自ら養子縁組 米アリゾナ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイラちゃんは2歳の時に虐待を受ける環境から保護された/Courtesy Zach Family

カイラちゃんは2歳の時に虐待を受ける環境から保護された/Courtesy Zach Family

当初、カイラちゃんは短期間限定でザックさんや妻、2人の子どもと暮らす予定だった。

「里親が見つかるまで数週間から1カ月しかかからないだろうと言われた。実際にいつまでこの状態が続くのか分からないまま、1週間また1週間、1カ月また1カ月と時間が過ぎ、裁判所での日程も過ぎていった」

里親が見つかるのを待つ間、ザックさんはカイラちゃんが長期的にどこで暮らすことになるのか、しばしば思いを巡らせていた。

やがてザックさん一家はカイラちゃんとの思い出を作るようになり、ディズニーランドやハワイにも一緒に出掛けた。そして4年後の今、ザックさんと妻はカイラちゃんの養父母になっている。

里親や養親になるか迷っている人に対し、ザックさんは養子縁組は自分たちが下した最良の決断の一つだと話す。

「とにかくやってみてほしい。思ったほどつらく大変なプロセスではないから」(ザックさん)

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]