アライグマの赤ちゃん、マンホール穴に首はまる 消防士が救出

マンホールのふたの穴に首を突っ込んで外れなくなる羽目に陥ったアライグマを消防士が救出する出来事があった/From Harrison Township Firefighters Local 1737/Facebook

マンホールのふたの穴に首を突っ込んで外れなくなる羽目に陥ったアライグマを消防士が救出する出来事があった/From Harrison Township Firefighters Local 1737/Facebook

(CNN) 米ミシガン州でアライグマの赤ちゃんが下水道のマンホールのふたの穴に首を突っ込んで外れなくなる羽目に陥り、消防隊が出動し機具を駆使して助け出す出来事がこのほどあった。

アライグマにけがは一切なかった。穴に首を差し込んだいきさつには触れなかった。

同州ハリソンタウンシップの消防署は、苦難にあえぐアライグマの写真などをフェイスブック上で公開した。

消防士による今回のような動物の救出劇はこれまでも報告されており、米カリフォルニア州では昨年、予備タイヤの中心部の穴に首がはさまっていた子犬を救助。その数カ月後には英スコットランドでさびた車輪を切断してキツネの子どもを助け出してもいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]