「世界で最も有名な方程式」を記載、アインシュタインの手紙が競売に

「E=mc2」の方程式を記したアインシュタインの手紙が競売にかけられる/Einstein Archives of Ludwik Silberstein Auction/RR Auction

「E=mc2」の方程式を記したアインシュタインの手紙が競売にかけられる/Einstein Archives of Ludwik Silberstein Auction/RR Auction

(CNN) 世界で最も有名な「E=mc2」の方程式を記した物理学者アルベルト・アインシュタインの手紙が競売にかけられる。推定落札額は40万ドル(約4400万円)に上る。

手紙は1946年、アインシュタインがポーランド系米国人の物理学者ルートビヒ・シルバースタイン宛てに書いたもの。競売会社PRオークションによると、E=mc2の方程式を手書きで記した個人所有の資料はこれが唯一となる。

カリフォルニア工科大とヘブライ大が共同運営する「アインシュタイン・ペーパーズ・プロジェクト」の文書係によると、同方程式を記したアインシュタイン自筆の文書で他に存在が知られているのは両校にあるもののみだという。

1946年に書かれた1ページの手紙/Einstein Archives of Ludwik Silberstein Auction/RR Auction
1946年に書かれた1ページの手紙/Einstein Archives of Ludwik Silberstein Auction/RR Auction

今回の手紙は1ページで、最初の行にこの方程式を記載。「あなたの質問にはE=mc2の方程式で答えることができる」などと述べたアインシュタインの文章も記されている。

競売ではこのほか、重力場に関する方程式を記述した手紙や、ヒトラーとナチズムの台頭について言及した1934年の手紙など、アインシュタインの他の手紙も売りに出される予定。

入札は現地時間13日に2万5000ドルからスタートし、5月20日で締め切られる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]