顧客が在庫ビールを全て購入、営業規制で苦境のバー救う カナダ

新型コロナの影響で営業を停止するバーを支援しようと在庫ビールを買い求める客が殺到した/Courtesy Abra Shiner/The Swan Dive

新型コロナの影響で営業を停止するバーを支援しようと在庫ビールを買い求める客が殺到した/Courtesy Abra Shiner/The Swan Dive

(CNN) カナダ東部トロントでこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う営業規制で苦境にあるバーが支援を求めたところ、地域の顧客が次々に来店してビールの在庫を全て購入する出来事があった。

店主のエイブラ・シャイナーさんは5年前、トロント市内でバー「スワン・ダイブ」を開店した。今回、新型コロナ対策の規制で営業を停止せざるを得なくなり、フェイスブックを通じて地域の人に支援を求めることを決めた。

「当時は貯金を崩している状況で、月末に店の家賃を支払えるかどうかも分からなかった」とシャイナーさん。「そこで、貯蔵室のビールを買いに来てほしいとフェイスブックに書き込んだところうまくいき、投稿が拡散した」

この投稿の閲覧数はわずか2日間で2万回を超え、店をサポートしようと、地域の至る所から住民が来店することになった。中には何年も顔を見せていなかった人もいたという。

スワン・ダイブでは35種類の地ビールを扱っていて、通常は各ビールにつき2~3ケースの在庫を抱えている。シャイナーさんによると、このうち90ケース以上が売れ、残るのは2ケースのみだという。

「地域の皆さんにすっかり救われました」(シャイナーさん)

シャイナーさんが営業を無事再開できるのは来年3月になる見通しで、それまではビールの売り上げに連邦政府の家賃補助を組み合わせることで、事業を持ちこたえたい考えだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]