ごみ拾い活動の兄弟、マスクのポイ捨てに問題提起 英国

英国の兄弟が道などに捨てられた個人防護具を集め啓発活動を行っている/Courtesy Charlotte Raveney

英国の兄弟が道などに捨てられた個人防護具を集め啓発活動を行っている/Courtesy Charlotte Raveney

(CNN) 英ロンドン近郊でごみ拾いの活動に精を出す兄弟が、最近あることに気付いた。使用済みのマスクを道端に捨てる人が増えているというのだ。

イングランド南東部トンブリッジに住むダニー・アイソウィ君(11)とジョジョ君(9)の兄弟は、3年前から自宅周辺のごみ拾いを続けてきた。サッカーと同じくらい美化活動が大好きで、近所でも有名なほど。ペットボトルや空き缶、たばこの吸い殻などのごみに加え、新たに目立ってきたのが「マスク」だ。

兄弟の母シャーロット・レイベニーさんによれば、2人は5月に初めて使用済みのビニール手袋やマスクを見つけ、「どうしてこんなものが落ちているの」と首を傾げていたという。

見つけたフェイスマスクを見せるジョジョ君/Courtesy Charlotte Raveney
見つけたフェイスマスクを見せるジョジョ君/Courtesy Charlotte Raveney

「自分や周りの人々を守るために着けるのに、用が済んだらポイっと落としていくなんて、2人には理解できなかったのです」「拾う人や通り過ぎる人、野生生物にとっても危険なのに」と、レイベニーさんは言う。

同じ問題は世界各地で指摘されている。南仏コートダジュールの海岸では6月末、NPOのダイバーらがマスクや手袋を見つけて警告を発した。7月半ばには英国の動物虐待防止協会(RSPCA)が、脚にマスクをからませたカモメを保護した。

レイベニーさんによれば、店舗内でのマスク着用が義務化されてから、マスクのポイ捨てはますます増えている。先週からは数を記録することにした。初日の14枚から18枚、22枚、28枚と増え続け、この日は33枚だった。駐車場や商店街のわき道に捨てられていることが多い。

マスクを拾うダニー君/Courtesy Charlotte Raveney
マスクを拾うダニー君/Courtesy Charlotte Raveney

兄弟は毎日、拾ったマスクを並べてその日の数を表示し、ソーシャルメディア上で報告する。これによって問題への関心が高まることを願っているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]