4.4メートルの巨大ワニを捕獲 豪北部準州

オーストラリアで体長4.4メートル、体重350キロの巨大なワニが捕獲された/ Northern Territory Department of Tourism, Sport and Culture

オーストラリアで体長4.4メートル、体重350キロの巨大なワニが捕獲された/ Northern Territory Department of Tourism, Sport and Culture

(CNN) オーストラリアの北部準州でこのほど、体長4.4メートルの巨大なイリエワニが捕獲された。

体重は推定350キロ。北部準州キャサリン近郊のフローラリバー国立公園内でわなにかかっていた。自然保護官らが8月28日に見つけ、ワニの養殖施設に運んだ。繁殖向けに飼育されるとみられる。

準州の観光当局者によると、近隣でこれほど大きなワニが捕獲された例は珍しい。

2018年7月には、キャサリン川のさらに下流沿いで体長4.7メートルのイリエワニが捕獲されていた。

イリエワニは現存する爬虫(はちゅう)類の中で最も大きいとされ、オスは体長7メートル、体重100キロ近くまで成長する。海水と淡水が混じった沼地などを好み、北部準州での野生の生息数は10万匹と推定される。

国と州レベルの法律で保護されているが、被害防止のために必要な場合は自然保護官がわなやもりで捕獲する。

北部準州の北端部では計80カ所にわなが仕掛けられ、今年はこれまでに167匹のイリエワニが捕獲された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]