運転中の車内に猛毒コブラ、格闘の末に退治 豪男性

オーストラリアで、トラックを運転していた男性が、車内にいた猛毒のコブラに気付いて格闘の末に退治する出来事があった/Queensland Police

オーストラリアで、トラックを運転していた男性が、車内にいた猛毒のコブラに気付いて格闘の末に退治する出来事があった/Queensland Police

(CNN) オーストラリア北東部クイーンズランド州の幹線道路上でトラックを運転していた男性が、車内にいた猛毒のコブラに気付き、格闘の末に退治した。

警察が7日に発表したところによると、「ジミー」と呼ばれる27歳の男性は時速100キロでトラックを走らせている時、猛毒で知られるコブラ「イースタンブラウンスネーク」を発見した。

オーストラリアで報告されるヘビ毒による死亡例のほとんどが、イースタンブラウンスネークにかまれたケースとされる。

「両脚を動かそうとすると、コブラはどんどん巻き付いてきた。脚の間から頭で座席をたたき始めた」と、ジミーさんは語る。

車を止めようとしながら、シートベルトと近くにあったナイフを使って格闘する間に、かまれたような気がしたという。

イースタンブラウンスネークの毒は即効性があり、体のまひや脳内出血を引き起こす。ジミーさんは何とか退治に成功すると、すぐにアクセルを踏んで最寄りの病院へ向かった。時速123キロで走っているところを、警官に見つかって止められた。

警察が公開したビデオには、ジミーさんが「中にコブラがいる。かまれたようだ。車の中にいたんだ」と訴える声が入っている。

車内を調べた警官が後部座席に横たわるコブラを発見し、助けを呼んだ。救急隊員が駆け付け、ジミーさんはかまれていなかったことが判明した。

ジミーさんはビデオの中で「怖かった。パトカーのライトが見えてあんなにうれしかったのは初めてだ」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]