サーファーの横をサメが遊泳、ドローンで撮影 南ア

サーファーの横を泳ぐサメ、ドローンで撮影 南ア

(CNN) 南アフリカの海岸でこのほど、ホホジロザメが海で泳いでいる人やサーファーの横を泳いでいる様子がドローン(無人機)によって撮影される出来事があった。

当時の様子をボランティア団体のNSRIが撮影して23日に公開した。

サメが出没したのはケープタウンの沖合でサメをよく見かけることで知られているが、研究者によれば、サメの数は大きく減少しているという。

NSRIによれば、過去数週間、サメの目撃例は多く、一部は人との遭遇もある。今回公開された映像でも、サメがサーファーのグループに近づく様子が捉えられている。

サメが岸辺の近くでアザラシや魚を捕るため、この海域でこの時期にサメが目撃されるのは普通のことだという。

市の当局者は、「映像に捉えられた動きからすると、サメはサーファーに気づいており、サーファーの様子を探っている」と指摘。サメは探求心の強い生き物だがかみつくことはまれであることを覚えておくことは重要だとし、こうした生き物と海を共有する際に生じる危険性を理解して、サメに遭遇しないよう行動を変えなければならないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]