羽毛持つ恐竜の新種、中国で化石発見 「踊る竜」と命名

羽毛持つ新種の恐竜、「踊る竜」と命名

(CNN) 中国北東部で新たに見つかった羽毛を持つ恐竜の化石について、研究者のチームがこのほど分析結果を科学誌に公表した。恐竜と鳥の分類上の違いを検証する手掛かりになるとみられている。

およそ1億2000万年前に生息していたこの恐竜の化石は、多くの化石が見つかることで知られる旧熱河省で、10年前に農民によって発見された。研究者らはこの恐竜を「踊る竜」を意味する「ウロン・ボハイエンシス」と名付けた。

体の大きさは大型のカラス程度だが、長い尾を持つため体長はその倍くらいある。全身を羽毛で覆われ、骨ばった尾の先には2つに分かれた羽の房がついている。

小さな頭部は幅も狭く、口には鋭い歯がびっしり生えている。骨は小さく軽量で、翼のような前脚を持つ。

「ウロン・ボハイエンシス」のイメージ図/Erick Toussaint
「ウロン・ボハイエンシス」のイメージ図/Erick Toussaint

化石を分析した米サンディエゴ自然史博物館の研究員で論文執筆者のアシュリー・プスト氏は「この新種の恐竜が適合する生物分類上の系統は、驚くほど広範なものだ。羽毛と翼を持つこれらの動物は、鳥類の起源と密接にかかわっている」と説明。このような化石を調べることで、飛行を含む鳥類の重要な特徴が太古の生物にどのように表れてきたのかを検証する手掛かりが得られると述べた。

骨の状態から判断すると当該の恐竜は若いうちに死んでいるが、羽毛の生え方は成長した大人のものに見劣りしない。これはこの恐竜の羽毛が早くから生えてくる可能性を示唆するものであり、羽毛の発育に時間のかかる現在の鳥類とは異なる特徴といえる。

ウロン・ボハイエンシスは7500万年前に生息していたヴェロキラプトルと近い関係にあり、同時期にはミクロラプトルがいたとみられる。後者は小型の羽毛恐竜で、鳥に似た見た目をしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]