白色の母犬、「緑色」の子犬出産 「ハルク」と命名 米

白色の母犬、「緑色」の子犬出産

(CNN) 米ノースカロライナ州の家族が飼う白色のジャーマンシェパード「ジプシー」が「緑色」の子犬を産み、話題となっている。

出産した計8匹の1匹で、家族は最初はとまどったと説明。女性の飼い主は地元のCNN系列局WLOSの取材に、有害ではないと知っていたが、「念のため確認しなければいけなかった」と振り返った。

その後、この雄の子犬は体の色にちなみ映画化もされた米コミックの架空の超人「ハルク」と命名された。

白色のジャーマンシェパードから緑色の子犬が生まれた/Shana Stamey/WLOS
白色のジャーマンシェパードから緑色の子犬が生まれた/Shana Stamey/WLOS

家族の近くにある動物病院の看護師は緑色になったことについて、子犬は子宮の中でそれぞれ薄い皮状と化している液体の中に包まれていると指摘。仮に子犬がこの中で最初のふんを排出した場合、体がその色に染まるとした。

ただ、この色は暫定的なもので体を洗ったり母犬がなめてきれいにした場合、消えていくとも説明。ハルクの体はいずれ白色になるともみている。

大半の子犬は緑色の体となっては生まれないが、この現象は時々起きているとも指摘した。

子犬が最初に排出したふんを飲み込んだり、ふんの中で過多な時間を過ごした場合、健康障害が起きる恐れもある。ただ、ハルクにはこのような危険性はなかったという。

今回生まれた8匹はいずれも元気で、十分に成長すれば、他の家族へ譲る予定ともなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]