9月は記録的な高温と乾燥、米各地で観測

9月の平均気温は西海岸などの8州を除く全ての州で平年を上回った/NOAA

9月の平均気温は西海岸などの8州を除く全ての州で平年を上回った/NOAA

(CNN) 米国立環境情報センター(NCEI)が8日に発表した気象データによると、先月は米国内の多くの州で記録的な高温と乾燥に見舞われたことが分かった。

米本土全体の平均気温は20.3度で、9月としては観測史上2番目の高さだった。

アラスカ州では平年の4.8度を大きく上回る7.1度と、1995年以来の暖かい9月になった。

平均気温は西海岸などの8州を除く全ての州で平年を上回り、特にコロラド、ニューメキシコ、テキサス、ルイジアナ、オハイオ各州では観測史上最高を記録した。

高温の傾向は今月に入っても続き、すでに東部の各地で10月の最高記録を更新している。

ただし北東部では今週中、南部でも週末には秋らしい気温に下がる見通しだ。

9月の降水量は、ミシシッピ、アラバマ州などで史上最少を記録した/NOAA
9月の降水量は、ミシシッピ、アラバマ州などで史上最少を記録した/NOAA

先月の降水量は、史上最多を記録したノースダコタ州や西海岸で平均を上回る一方、南部や中部大西洋岸、オハイオ渓谷では乾燥した天気が続き、ミシシッピ、アラバマ、ジョージア、フロリダ、ケンタッキー、ウェストバージニア各州で史上最少だった。

少雨傾向も今月に持ち越されている。干ばつ状態は南東部の約44%で続き、今後さらに南東部全体に広がる可能性があるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]