山歩きで骨折、2日間はい続けて生還 豪男性

病院のベッドでメディアの取材に答えるニール・パーカーさん/PA Hospital media and communications

病院のベッドでメディアの取材に答えるニール・パーカーさん/PA Hospital media and communications

(CNN) オーストラリア東部ブリスベン郊外の山でハイキング中に脚を骨折し、助けを求めて2日間はい続けた男性が生還した。

ニール・パーカーさん(54)は地元ブリスベンのハイキング普及団体でガイドを務める山歩きのベテラン。15日に同市北西のネボ山へ出かけ、滝の上から6メートル下に転落した。

片脚と片方の手首の骨が折れていた。救助隊に見つけてもらうためには、森から広い場所に出る必要がある。そこで脚のそえ木にステッキを使い、ひじに布を巻いて地面をはい始めた。

痛みが強く、一度に1~2メートルしか進めない。2日間ほとんど眠らずに、持っていた少しの食料と小川の水で生き延びた。晴天が続いて昼間の気温は30度を超えたが、夜になると6度まで下がった。

行き先はだれにも告げていなかったから、このままでは見つけてもらえない。家族の顔を思い浮かべながら前進を続けた。

17日午後になって救助ヘリがパーカーさんを発見し、担架でつり上げて病院へ運んだという。

パーカーさんは「これまでに受けた訓練や、人から聞いた経験談が役に立った」と振り返る。

ただ所属するハイキング団体によれば、1人でだれにも知らせず山に入ったのはルール違反だった。けが人が出た時は付き添う役と助けを呼びに行く役に手分けできるよう、4人以上のグループで行くことが推奨されている。

パーカーさんはほんの3時間ほどのつもりでコースの様子を見に言ったと説明しつつ、「とにかく1人で出かけてはいけない」と、病院のベッドから呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]