NASA、アリアナ・グランデの替え歌でPRビデオ

NASAがアリアナ・グランデの替え歌を使ったPRビデオを制作/NASA Johnson Space Center/Youtube

NASAがアリアナ・グランデの替え歌を使ったPRビデオを制作/NASA Johnson Space Center/Youtube

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)はこのほど、人気歌手アリアナ・グランデのヒット曲「NASA」を替え歌にしたPRビデオを制作した。

ジョンソン宇宙センターのインターン生らが手掛けたこのビデオは8日以降、フェイスブックやユーチューブで公開されている。2024年までの実現を目指す月探査計画「アルテミス」に向け、NASAや同センターでの仕事を市民に広く知ってもらうために、新たな歌詞や映像を考案したという。

「NASA」はグランデの最新アルバム「thank u,next(サンキュー・ネクスト)」に収録されている。「空間」と「宇宙」を意味する「スペース」という言葉を使い、恋人から離れた独りのスペースが必要だと歌う内容。ミュージックビデオには宇宙空間の映像が流れる。

替え歌ビデオでは、「宇宙へ行く」「月へ行く」と歌いながらNASAで働く男女の技術者らの姿が紹介されている。

  
      

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]