サッカー欧州選手権、アルバニア国歌と国名を間違えるミス

試合前の国歌斉唱のため肩を組むアルバニア代表の選手たち/LIONEL BONAVENTURE/AFP/AFP/Getty Images

試合前の国歌斉唱のため肩を組むアルバニア代表の選手たち/LIONEL BONAVENTURE/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 仏パリで開催されたサッカー欧州選手権の試合前に、アルバニア代表チームが国歌と国名を間違えられ、重なるミスに困惑する場面があった。

7日に対戦したのはフランスとアルバニアの代表チーム。ところが試合開始前にまず流れたのはアルバニアでなく、仏スペイン国境沿いにある小国アンドラの国歌だった。

サポーターがブーイングや口笛で抗議し、場内に謝罪のアナウンスが流れた。ところがここでまた、アナウンサーが「アルバニア」を「アルメニア」と言い間違えてしまった。

試合は予定より遅れ、正しい国歌が流れるのを待ってからキックオフ。フランスが4―1でアルバニアを破った。

仏代表チームのデシャン監督は試合後のインタビューで「起きてはいけないことが起きた」と語り、アルバニアのベンチとコーチに自ら謝罪したことを明かした。

フランスは10日にアンドラと対戦する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]