バハマの女性、自宅で97匹の犬を保護 ハリケーン直撃しのぐ

ハリケーンが襲ったバハマで、1人の女性が家のない犬97匹の面倒を見ている/Chella Phillips/Facebook

ハリケーンが襲ったバハマで、1人の女性が家のない犬97匹の面倒を見ている/Chella Phillips/Facebook

(CNN) ハリケーン「ドリアン」の直撃で壊滅的な被害が出たバハマで、飼い主のいない97匹の犬を1人の女性が自宅で保護している。

バハマの首都ナッソーに住むチェラ・フィリップスさんは、ドリアンが通過する間、97匹の犬を自宅に迎え入れた。フェイスブックへの投稿によると、うち79匹はフィリップスさんと主寝室を共有しているという。

仮設避難所となったフィリップスさんの自宅は犬がぎっしりで散らかった様子だったが、犬たちはほとんどが落ち着いていて、フィリップスさんはエアコンを効かせ、音楽を流していた。

扉や窓はバリケードで封鎖したが、ハリケーンの到来で停電や浸水などの被害に見舞われたという。それでも2日の投稿によれば、97匹の犬たちは全て無事だった。

「私たちの被害は、ほかの島に比べればそれほど大きくないかもしれない。悲しいことに、ハリケーンが去った後も、島によっては復興までに時間がかかる。それぞれの島に、飼い主のいない犬たちがあふれている。カテゴリー5の怪物から隠れる場所がない子たちのことを考えると心がいたむ」。フィリップスさんはそう記した。

ナッソーでフィリップさんが創設した保護団体によれば、フィリップスさんはほとんど支援を受けずに1人で年間200匹以上の犬の面倒を見ている。健康を取り戻した犬たちは、米国で新しい飼い主に引き取られてきた。

フィリップさんは、状況が落ち着いて航空会社がバハマ便の運航を再開すれば、里親を探す活動を再開したい意向だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]