洗濯機に閉じ込められた猫、45分の洗濯コースを生き延びる

衣類と一緒に洗濯される羽目にあったフィリックス。完全回復する見込みだという/Heidi Brenegan

衣類と一緒に洗濯される羽目にあったフィリックス。完全回復する見込みだという/Heidi Brenegan

(CNN) 米国で飼い主の知らないうちに洗濯機に入り込んだ猫が、そのまま衣類と一緒に45分間、洗濯されてしまう出来事があった。幸運にも命を取り留めた猫は、無事回復に向かっている。

飼い主のステファニ・キャロルカーチョフさんは、3匹の猫たちが洗濯機や乾燥機に入り込んでいないかどうか、いつも確認していたはずだった。

ところがこの日は何気なく洗濯物を放り込んでそのまま扉を閉め、お湯で洗濯して水ですすぐコースを設定して、そのまま立ち去った。

45分後、洗濯物を取り出そうとしたところ、衣類がまだ脱水できていないことに気付き、もう1度扉を閉めてやり直そうとしたところで、濡れた洗濯物からのぞく白い足先が目に入った。

洗濯機の中に閉じ込められていた1歳の猫「フィリックス」だった。

キャロルカーチョフさんはすぐさまフィリックスを助け出し、ミネソタ州の動物救急病院へ駆け込んだ。

フィリックスは目が見えなくなり、大量の水が肺に入ったことによる肺炎を引き起こしていた。それでも命は助かって回復に向かい、今では視力も戻って餌も食べるようになった。まだ酸素吸入を受けているものの、完全回復は時間の問題だと診断されているという。

キャロルカーチョフさんは今後決して自分を許すことはないと語る。「この数日間はショック状態だった」「生涯、このことにさいなまれ続けるだろう」

医療費もかさみ、既に7000ドル(約75万円)を超えた。キャロルカーチョフさんの娘はこの費用を補うため、クラウドファンディングサイトの「GoFundMe」でフィリックスのための支援を募っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]