巨大ネズミが異常繁殖、「猫くらいの大きさ」も NZ

オークランド郊外で大型のネズミが異常繁殖している(画像は資料写真)/GeorgeDolgikh/iStockphoto/Getty Images

オークランド郊外で大型のネズミが異常繁殖している(画像は資料写真)/GeorgeDolgikh/iStockphoto/Getty Images

(CNN) ニュージーランド北部オークランドの郊外で、大型のネズミが異常繁殖して住民を悩ませている。

ネズミが繁殖しているのはアートの街として知られるオークランド西郊のティティランギ。地元メディアによれば、猫ほどの大きさのあるネズミが、商店や民家に大量に出没しているという。

数日前に同地を訪れた地元記者のドン・ロウ氏はCNNの取材に対し、20分間で30~40匹のネズミを見かけたと話し、「全然人を怖がらないし、車も怖がらない」と証言した。

地元の住民団体はフェイスブックへの投稿で、「日中でも我が物顔で村中を走り回っている」と伝えた。

ティティランギには放し飼いのニワトリが多く、ニワトリの餌を食べてネズミが繁殖したのではないかと地元住民は見ている。地元自治体は数日中に対策を発表する見通し。

ティティランギのネズミ/Don Rowe/Supplied
ティティランギのネズミ/Don Rowe/Supplied

ただ、地元住民の間でも意見は分かれている。ネズミの繁殖を不安に思う住民がいる一方で、野放しのニワトリを減らすため、あるいは駆除剤「1080」を使うための口実として、ネズミ騒ぎが誇張されているという声もある。

もしも1080を使えば、ネズミだけでなくニワトリも駆除される。「野放しになっているものは何であれ駆除しない限り、できることはほとんどない」「ネズミは繁殖が極めて早く、数もあまりに多い。(地元住民は)ネズミでモグラたたきをしているようなもの」とロウ氏は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]