「青いロブスター」入荷、水族館に寄贈へ 米レストラン

レストランに青いロブスター入荷

(CNN) 米北東部マサチューセッツ州のシーフード・レストランに先日、珍しい「青いロブスター」が入荷した。店主は水族館に寄贈するつもりだという。

店主のネイサン・ニッカーソンさんは、いつものように発注したロブスターの中に青い1匹を見つけて驚いた。だれもが「どうしたことか」と、周りを取り囲んで首を傾げたという。

専門家によると、青いロブスターは遺伝子の異常により、200万匹に1匹の割合で生まれる。

ニッカーソンさんはしばらくの間、このロブスターを店内の水槽で飼育し、来店する子どもたちに見てもらうつもりだ。若い世代が海の生き物に関心を持つきっかけになればと話す。「子どもたちの中から未来の海洋生物学者が出てくるかもしれない」と、期待を寄せる。

その後はミシガン州セントルイスに近くオープンする水族館へ寄贈する予定。北米アイスホッケーリーグ(NHL)で先日、地元ボストンのチームを破って王者となったセントルイスのチーム「ブルース」に敬意を表するためだと話す。

海に放すべきだという声もあるが、ニッカーソンさんは否定的だ。周辺の海底は砂に覆われ、ロブスターが身を隠せるような岩場がない。このあたりにはロブスター漁のわなが張り巡らされていて、また捕獲されてしまう可能性も高いからだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]