「父にハッピーバースデーを」の巨大看板、息子から粋なサプライズ 米

「父にハッピーバースデーを」とかかれた看板(画像の一部を加工しています)/WCBS

「父にハッピーバースデーを」とかかれた看板(画像の一部を加工しています)/WCBS

(CNN) 米東部ニュージャージー州アトランティックシティー近郊にこのほど、「父にハッピーバースデーを」とお願いする巨大看板が登場した。大きな顔写真とともに電話番号が書かれた看板のお陰で、今月16日に62回目の誕生日を迎えるクリス・フェリーさんの電話には世界中から1万5000件を超えるお祝いのメッセージが届いている。

看板が登場したのは今月6日。直後に、フェリーさんのもとにニックと名乗る見知らぬ人物から誕生日おめでとうのメッセージが届いた。フェリーさんは感謝を伝え、どうやって知ったのかを聴くと、運転中に看板を見たとの答えが返ってきた。

フェリーさんの息子のクリスさんによれば、父親のクリスさんはすぐに看板のところに行って一緒に写真に写ったという。

2人の息子のクリスさんとマイケルさんはユーモアのある方法で父親の誕生日を祝いたいと考えていた。息子のクリスさんは最近、アトランティックシティー郊外で自身の薬物依存の治療センターのために看板を購入しており、今回の件を思い付いたという。マイケルさんに電話して、看板に父親の顔写真を載せてハッピーバースデーをお願いするというアイデアを伝えたところ、マイケルさんも大いに気に入ったという。

息子のクリスさんは「地元の人たちや父親の知り合いが電話してくれば、いい思い出になると思っていた。こんなふうになるとは思っていなかった」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]