スタートレックのバルカン星を発見?、16光年先に系外惑星

「スタートレック」に登場するバルカン星と同じ条件で存在する惑星を発見/University of Florida/Don Davis

「スタートレック」に登場するバルカン星と同じ条件で存在する惑星を発見/University of Florida/Don Davis

(CNN) 米フロリダ大学などの研究チームはこのほど、地球から16光年離れた恒星系に「スーパーアース」に分類される系外惑星を発見したと明らかした。人気SFシリーズ「スタートレック」に登場するバルカン星を思わせる惑星だとして話題を呼んでいる。

惑星の詳細は今週、英王立天文学会の月報に発表された。フロリダ大学主導の惑星調査プロジェクトが、アリゾナ州レモン山の頂上にある望遠鏡を使って発見したもので、同プロジェクトによるスーパーアースの発見は初めて。

研究著者であるジアン・グー氏は、この惑星について「太陽に似た恒星を周回するスーパーアースの中で最も地球に近い」と説明する。スーパーアースは地球よりも大きな質量を持つが、巨大ガス惑星ほどではない。

今回の惑星は地球の2倍程度の大きさで、恒星の「ハビタブルゾーン」の内側を42日周期で公転している。惑星がハビタブルゾーン内にある場合、表面に液体の水が存在して生命を支えることができる可能性がある。

惑星が周回する恒星は「HD26965」。この恒星は温度・質量ともに太陽をわずかに下回る程度で、年齢や磁気周期も太陽に近いという。

研究の著者でテネシー州立大学に在籍する天文学者のマシュー・ミュタスポ―氏は「ゆえにHD26965は高度な文明の存在にとって理想的な主星かもしれない」と推測している。

スタートレックのファンの間では恐らく、この恒星は「エリダヌス座40番星A」の名で知られている。スタートレックの生みの親であるジーン・ロッデンベリー氏自身、エリダヌス座40番星Aがバルカン星の主星だと明らかにしていた。バルカン星はシリーズに登場する技術者、スポックの故郷という設定になっている。

今回の研究では、ロッデンベリー氏らがバルカン星の位置として想定したまさにその場所に惑星が見つかった格好だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]