クルーズ船から落下の乗員、22時間後に別のクルーズ船が救出

カーニバル・グローリー号の客室係が海上の男性を発見したという

カーニバル・グローリー号の客室係が海上の男性を発見したという

(CNN) カリブ海を航行していたクルーズ船から海に落下した乗員が22時間後に別のクルーズ船に救出される出来事があった。救出された乗員の容体は安定しており、「まさに奇跡だ」との声も出ている。

米沿岸警備隊の声明によれば、米東部時間6月30日午後3時20分ごろ、キューバのピナール・デル・リオ州の北西約45キロの海域で、ノルウェイジャン・クルーズラインが運航するクルーズ船「ノルウェイジャン・ゲータウェイ」の33歳の乗員が海に落下するのが目撃された。

沿岸警備隊は航空機などを使って即座に捜索を開始した。

カーニバルクルーズラインの声明によれば、翌日の午後1時ごろ、カーニバル・グローリー号に乗っている客室係がキューバの北約33キロの海域で海上の男性を発見した。客室係からの連絡を受けて、船は減速し、航路を変更して、男性を助けるために救命ボートを下したという。

救助された乗員はカーニバル・グローリー号の医療班から手当てを受けた。容体は安定しているという。

カーニバルクルーズラインは声明で「これはまさに奇跡だ。同業の船員を救出するために尽力したカーニバル・グローリー号のチームは称賛に値する」と述べた。

沿岸警備隊によれば、今回の救助活動による捜索範囲は約4200平方キロにおよんだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]