宇宙のエネルギー放射が20億年で半減、「やがて光消える」

20億年前に比べて紫外線から遠赤外線に至るまですべての波長が弱まっているという

20億年前に比べて紫外線から遠赤外線に至るまですべての波長が弱まっているという

(CNN) 宇宙は徐々に死にゆく過程にある――。世界の科学者100人以上で構成する研究チームがそんな論文をまとめ、欧州南天天文台のウェブサイトで10日に発表した。宇宙の死についてこれほど綿密な研究が行われたのは初めて。

研究チームはオーストラリアや米国、チリなど世界7カ所にある天体望遠鏡と、地球の軌道上にある宇宙望遠鏡のデータを解析し、20万以上の銀河から届く電磁放射などのエネルギーを調べた。

その結果、宇宙から放射されるエネルギーの量は20億年前に比べて半分にとどまることが分かった。紫外線から遠赤外線に至るまで、すべての波長が弱まっていたという。

宇宙は誕生から138億年がたち、晩年に差しかかっていると研究者は解説する。「宇宙はいわばソファに座って毛布をかぶり、永遠の眠りに向けたまどろみに入ろうとするような状態」。研究チームを率いる天文学者のサイモン・ドライバー氏はそう表現する。

宇宙は死んでも存在しなくなるわけではない。ただ、光や炎を放つ恒星や天体が徐々に消滅する。

天文学者のルーク・デイビーズ氏はその状態を、「何十億年もの年月を経て、質量をエネルギーに変換する量が徐々に減り、やがて冷たく暗い荒れ果てた場所になって、すべての光が消える」と描写する。

ただしそれが起きるのは何兆年も先のことだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]