引退したボーイング747型機の座席を販売 全日空

自宅で「機内気分」を味わえる?=全日空提供

自宅で「機内気分」を味わえる?=全日空提供

東京(CNN) 今年3月に引退した全日本空輸(ANA)のボーイング747型機の座席が、25日から売りに出される。航空ファンには最高の贈り物になるかもしれない。

販売されるのは、国内線を飛んでいた747―400D型機の「プレミアムクラス」の1人用3席と2人用4席。全日空商事のショッピングサイトで来年2月28日まで申し込みを受け付け、抽選を実施する。

価格は税込み、送料込みで1人用が64万7000円、2人用が74万7000円。当選者には来年3月に配送されるという。

電子機器は取り外してしまうため、シャンパンのおかわりを頼んだりエンターテインメントシステムの不具合を訴えたりする呼び出しボタンはない。その代わり、席を後ろからけられていら立つ心配はほぼないといえるだろう。リビングルームやオフィスで、自分だけの「機内気分」を味わうことができそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]