川面に大量のパンケーキ? スコットランドで観測

ロンドン(CNN) 寒波に見舞われた英北部のスコットランドで、東部を流れるディー川の川面が円盤形の氷で覆われる「アイスパンケーキ」と呼ばれる現象が観測された。

この現象はディー川保全団体の専門家が、エリザベス女王の別荘バルモラル城の近くで発見して写真に収めた。パンケーキは泡が渦巻き状に凍結する珍しい現象によってできたようだと同団体は説明、「小さな泡が円盤にぶつかって凍り付き、個々の円盤が形成されたのではないか」と推定している。

縁が盛り上がった円盤の形状については、「空が晴れているため夜間は冷え込み、日中は温かくなる。円盤は夜間に形成され、日中は太陽光でもろくなって『パンケーキ』同士が衝突し、縁が盛り上がった」と解説している。

パンケーキ現象は南極地方やバルト海で観測されているが、ディー川で見つかったのは今回が初めてだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]