リチャード3世、遺骨から浮かび上がる壮絶な最期

復元されたリチャード3世の顔

復元されたリチャード3世の顔

(CNN) 15世紀のイングランド王、リチャード3世の遺骨から、戦場での壮絶な最期の様子が浮かび上がった。英レスター大学の研究者らがけがの跡を分析し、英医学誌ランセットに成果を発表した。

リチャード3世は1485年、王位に就いてからわずか2年後に32歳で戦死した。遺骨はイングランド中部レスターに近い修道院に埋められたと伝えられていたが、2012年、駐車場となっていた修道院跡で見つかった。

研究チームによると、遺骨には死の前後に負ったとみられるけがの跡が11カ所も残っていた。論文をまとめたサラ・ハインズワース教授は「当時の武器で長時間にわたり、あるいは複数の敵の手で傷つけられたことが分かる」と話す。

分析には全身のCT(コンピューター断層撮影)が使われ、骨の損傷部分はさらにマイクロCTで詳しく調べた。

11カ所のうち9カ所は頭部のけがだった。頭がい骨の下面に2つ、致命傷になったとみられる損傷があった。1つは剣や矛のような武器による大きな切り傷、もう1つはとがった武器による刺し傷の跡だったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]