エジプトで3600年前の棺が出土、内部にミイラ

ルクソールには古代遺跡が数多く残っている

ルクソールには古代遺跡が数多く残っている

(CNN) エジプト南部のルクソールで3600年前のミイラが入った棺(ひつぎ)が発掘された。国営アルアハラム紙が13日に伝えた。

棺はスペインとエジプトの調査団がルクソールのナイル川西岸にある発掘現場で発見した。当局によると、彩色された人形の棺は第17王朝(紀元前1600年ごろ)のものとみられる。

アルアハラム紙が当局者の話として伝えたところでは、棺には職位が刻まれており、中のミイラは当時の高官とみられる。ミイラが誰なのかは特定できていない。

調査団は他にも2つの棺を発見したがどちらも空だったという。同紙によると、過去に盗掘の被害に遭ったとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]