タクシーに忘れた3千万円戻る 賭博の街ベガスで美談

2013.12.26 Thu posted at 19:00 JST

[PR]

(CNN) 「賭博の街」の米ラスベガスでこのほど、タクシー運転手が後部座席に置き忘れられていた現金30万ドル(約3150万円)を持ち主に返却する美談があった。

お金はプロのポーカー選手として有名な28歳の男性のものだった。地元のCNN系列局KLASによると、男性の身元は明かされていないが、紛失にうちひしがれ、頭を撃って自殺したいとの気持ちにも襲われていたという。お金が入った茶色の紙袋についてタクシー会社に問い合わせていた。

紙袋に気付いたのは運転手のゲラルド・ガンボアさん。別のCNN系列局KVVUによると、発見後、会社「イエロー・チェッカー・スター」の配車係に直ぐ連絡、持ち主を探すよう手配を求めた。ラスベカスのタクシー運転手は善良であることを示したかったとし、別の考えは浮かばなかったとしている。

「金額は10ドルでもそれ以上でも関係ない。私の尊厳は売り物でない」と主張。子どものころ両親に教えられたことを守っているだけとも語った。「正しいことをしただけ」とし、「ラスベカスは罪の街と呼ばれているが、それは違う。天使の街だ」と誇っている。

タクシー事業に32年従事しているという同社幹部は、30万ドルは車内に忘れられた現金としては過去最高額と説明。「本来の持ち主に返却することに非常に気を遣った」と振り返った。

メールマガジン

[PR]