火星定住計画に20万人が応募、2025年の実現目指す

火星への移住計画は実現するか=NASA/JPL提供

火星への移住計画は実現するか=NASA/JPL提供

参加希望者の申し込み受け付けはこれで締め切り、1次選考を通過した応募者には年内に通知する。火星から地球に戻るための技術は存在しないことから、参加者は火星に定住することになる。

25年の第一陣でまず4人を火星に到着させ、その後は2年ごとに人員を送り込んで定住者を増やしていく予定だという。

資金は主にスポンサーやパートナーを通じて調達する。計画が実現すれば、民間による初の惑星探査計画となる。

ロッキード・マーティンの幹部は「参加する機会を得たことは非常にエキサイティングだ」とコメントしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]