「森から来た謎の少年」の話はでっちあげ 独警察

写真提供=Berlin.de

写真提供=Berlin.de

ベルリン(CNN)  ドイツの森の中で過去5年間暮らしていた謎の少年が突然市役所に現れ世間を驚かせた、いわゆる「森の少年」の話は全くのでたらめだった。ドイツの警察が15日に明らかにした。

問題の「少年」は、年齢は17歳で、過去5年間ドイツの森で暮らしていたと主張していたが、実際の年齢は20歳で、オランダのヘンゲロ出身だった。男は森で暮らしたことはなく、昨年ベルリンにやってきたという。

ドイツの警察によると、男はまだ19歳だった昨年9月から行方不明だったが、その後成人し、自分で住みたい場所を決められることから、オランダ当局は捜索を打ち切ったという。

警察によると、男は自分の話がうそだと認め、身分も明かしているという。現在、男はベルリン市内の若者向け施設に滞在しているが、成人であることが判明したため、同施設を退去することになる。

男は、昨年9月にベルリン市役所に現れ、「レイ」と名乗り、年齢は17歳で、過去5年間森の中で暮らしていたと語った。そこでドイツ警察は写真の公開に踏み切った。公開後間もなく、女性の知人が写真を見て、オランダのテレビ局に通報。そしてテレビ局がオランダ警察に知らせ、オランダ警察がベルリン当局に通知した。

男が滞在していた若者向け施設の広報担当エド・コッホ氏は「彼は7カ月間にわたり、われわれから資金を受け取っていた。彼がいなければ、その金は本当に必要な人に渡っていたかもしれない」と述べ、男に対し怒りをあらわにした。

コッホ氏によると、ドイツ当局は「詐欺罪」で男に対し法的措置も検討しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]