ホリデーに必須のクリームチーズが品薄、物流混乱にサイバー攻撃が追い打ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホリデーシーズンを前に全米でクリームチーズが品薄に陥っている/Adobe Stock

ホリデーシーズンを前に全米でクリームチーズが品薄に陥っている/Adobe Stock

ニューヨーク(CNN Business) 米国でパイプラインやフェリーボート、食肉加工業者、さらには警察などに対するサイバー攻撃が相次いだ今年。次の標的はクリームチーズだった。

ブルームバーグ通信の報道によると、米国のチーズ製造最大手シュライバーフーズに対する10月のサイバー攻撃が一因で、ホリデーシーズンを前に全米でクリームチーズが品薄に陥っている。

シュライバーフーズは工場や配送センターがサイバー攻撃を受け、数日間にわたって全面的な稼働ができない状態が続いた。この攻撃は、感謝祭やクリスマスなどのホリデーシーズンに向けて、製造がピークを迎える時期と重なった。

シュライバーフーズはスライスチーズやヨーグルト、クリームチーズといった乳製品の大手で、年間の売り上げは50億ドル(約5680億円)以上。

ただでさえクリームチーズのメーカーは全社が、このサイバー攻撃以前から、人手不足やサプライチェーン(供給網)の混乱による原材料、包装材料、トラックなどの不足のために、供給が追い付かない状況に陥っていた。

クリームチーズは他の製品と違って大量の在庫を蓄えることができず、米国の石油やカナダのメープルシロップのような戦略的備蓄も存在しない。

サイバー攻撃が追い打ちをかけたのは確かだが、クリームチーズの品薄を引き起こした最大の要因は物流網の混乱だったとシュライバーフーズの広報担当者は指摘する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]