食肉大手JBSの米国部門、サイバー攻撃に対する身代金12億円支払う

サイバー攻撃を受けたJBS USAが約12億円の身代金を支払った/Chet Strange/Getty Images

サイバー攻撃を受けたJBS USAが約12億円の身代金を支払った/Chet Strange/Getty Images

(CNN Business) ブラジルの食肉大手JBSの米国部門、JBS USAは9日に声明を出し、サイバー攻撃への対応として1100万ドル(約12億円)の身代金を支払ったことを明らかにした。同社は先週受けたサイバー攻撃により、米国での食肉加工業務をすべて停止する事態に追い込まれていた。

身代金の支払いは、会社の施設の大半が再稼働した後で行われたという。

JBS USAのアンドレ・ノゲイラ最高経営責任者(CEO)は声明で、身代金の支払いについて「社にとっても自分個人にとっても苦渋の決断だった」「しかし我々は決断しなければならないと感じた。顧客に対して起こり得るあらゆるリスクを防ぐためだ」と述べた。

同社の支払いは米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が最初に報じた。

今回のサイバー攻撃で、JBSは北米とオーストラリア向けの情報システムを支援するサーバーに影響を受けた。米政府は、ロシアや東欧に拠点を置くとみられる犯罪集団が攻撃を引き起こしたとの見解を示す。

JBSの声明によれば、初期の調査の段階で会社や顧客、従業員のデータは一切被害を受けていないことを確認したという。

JBSは世界15カ国に拠点を持ち、販売先は約100カ国に上る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]