サイモン&シュスター、ペンギンに売却 米出版1位と3位が統合

サイモン・アンド・シュスターの本社=2016年8月、米ニューヨーク市/Robert Alexander/Getty Images

サイモン・アンド・シュスターの本社=2016年8月、米ニューヨーク市/Robert Alexander/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米メディア大手バイアコムCBSは25日、傘下の米大手出版社サイモン・アンド・シュスターを、同業最大手のペンギン・ランダムハウスに21億7500万ドル(約2270億円)で売却すると明らかにした。米国で1位と3位の出版社が経営統合することになる。

ペンギン・ランダムハウスは独メディア大手ベルテルスマンの子会社。売却契約は来年まとまる見込みで、規制当局の承認が必要となる。

バイアコムCBSは米テレビのCBSネットワークや映画大手パラマウント・ピクチャーズ、音楽専門チャンネル「MTV」などを傘下に持つ。同社は今回の売却について、CBSとの昨年の合併を受け非中核資産を売却する取り組みの一環だと説明した。

サイモン・アンド・シュスターは米3位の出版社で、今年は著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏や、トランプ大統領のめいのメアリー・トランプ氏らによる暴露本を出版。これ以外にもスティーブン・キング氏やドリス・カーンズ・グッドウィン氏といったベストセラー作家の作品を出版している。

一方、ペンギン・ランダムハウスは米最大手の出版社であり、最近ではオバマ前大統領の新たな回顧録を発売した。

サイモン・アンド・シュスターは契約がまとまった後も引き続き、独立した出版部門として事業を継続する。ジョナサン・カープ社長兼最高経営責任者(CEO)らは現職にとどまる。

カープ氏は25日付の従業員宛てのメモで、サイモン・アンド・シュスターは96年間の歴史を通じて7社の傘下に入ってきたと指摘。「こうした変化の中で我々は新たな経営体制に適応し、他社を仲間に迎え入れ、そのたびにより強くなってきた」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]