シェル、最大9千人の人員削減へ 低炭素エネルギーへの転換視野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オランダ・ロッテルダムのシェルの石油精製施設/Paul O'Driscoll/Bloomberg via Getty Images

オランダ・ロッテルダムのシェルの石油精製施設/Paul O'Driscoll/Bloomberg via Getty Images

ロンドン(CNN Business) 英・オランダ石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルは30日、2022年末までに全従業員の10%以上に当たる7000~9000人を削減するとの方針を明らかにした。

この中には今年自主的に退職を申し出た1500人も含まれる。

同社が低炭素エネルギーへの転換とともに合理化を進め、22年までに最大25億ドル(約2640億円)のコスト削減を目指す改革の一環と位置付けられる。

ファンブールデン最高経営責任者(CEO)は声明で「より簡素化、合理化された、競争力のある身軽な組織になる必要がある」と述べる一方、「これは間違いなく苦渋の決断だ」と強調した。

シェルは50年までに温室効果ガスの排出量を正味ゼロとする目標を掲げている。

ライバルの英石油大手BPも今年6月、全従業員の15%に当たる1万人を削減すると発表していた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で化石燃料の需要が激減したことを受け、欧州のエネルギー大手は低炭素化の流れを加速させている。石油需要が昨年記録した過去最高のレベルまで回復することはあり得ないとみるアナリストもいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]