ゴールドマン、米失業率の予想引き上げ 大恐慌並みの25%に

ゴールドマンサックスが米国の失業率予想を25%に上方修正した/Justin Heiman/Getty Images

ゴールドマンサックスが米国の失業率予想を25%に上方修正した/Justin Heiman/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米金融大手ゴールドマン・サックスは13日、米失業率の予想を引き上げ、ピーク時には大恐慌並みの25%に達するとの見通しを示した。

米国では新型コロナウイルス対策で経済活動が停止するなか、4月の就業者数は前月から2000万人以上減り、失業率も14.7%に上昇した。

ゴールドマンのエコノミストは今回、労働市場の見通しを下方修正。「職を失う労働者が増え、その大部分が失業者と分類されるとの想定」を織り込んだとしている。

ゴールドマンが以前に示した予測では、ピーク時の失業率を15%と予想していた。新たな予測は政府統計や経済再開の状況、新たに得られたビッグデータに基づき算出したものだという。

失業率に関する米連邦政府の月次統計は、古くとも1948年までしかさかのぼれない。月ごとに見た場合、現在の失業率は記録上最悪の水準になっている。

一方、年次データは29年までさかのぼることができ、大恐慌時の33年には失業率が平均24.9%に達していたことが分かる。

仕事を必要としながら職探しを諦めた米国民を含む「真の失業率」についても、今年4月は前月の8.7%から22.8%に上昇した。

ゴールドマンは今回、ピーク時の真の失業率を35%と予測。29%としていた従来予想から引き上げた。

これはホワイトハウスの想定よりも悪い水準とみられる。ホワイトハウスの経済顧問ケビン・ハセット氏は先週、希望的な観測として、真の失業率は25%で底を打った後、今年夏の移行期間を経て、低下に向かう可能性があると述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]