上海ディズニーランド、11日から再開 安全対策強化

上海ディズニーランドが安全対策を強化しながら段階的に営業を再開する/Hu Chengwei/Getty Images

上海ディズニーランドが安全対策を強化しながら段階的に営業を再開する/Hu Chengwei/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 新型コロナウイルス対策のため休園していた上海ディズニーランドが、安全対策を強化したうえで11日から段階的に営業を再開する。

上海ディズニーランドは1月24日から休園しており、再開は約3カ月ぶり。

米ウォルト・ディズニーが北米、アジア、欧州で運営する12のテーマパークは全て1カ月以上の休園が続いていた。再開は上海が初めてとなる。

ディズニーによると、再開に当たっては安全対策の強化を図り、入場者には指定日のみ有効な入場券の購入を求める。年間パスポートの保持者は事前に予約する必要がある。

レストランや乗り物などの施設でも利用者の数を制限し、乗り物には他人との距離を置くソーシャル・ディスタンシングを保てる人数のみ乗車させる。

消毒などの対策も徹底させ、スタッフは政府が定める衛生対策や感染防止対策に従う。

キャストには、洗浄やソーシャル・ディスタンシングを含めて「ゲストと接触しない交流に重点を置く手順」の研修を受けさせて、マスクなどの防護具も支給する。

ディズニーは2019年度の決算で、テーマパークなどの運営部門が全体の売り上げの37%を占めていた。

しかし5日に発表した決算によると、同部門の営業利益は前年比で58%減少した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]