外出自粛で酒販売が激増、カクテル類は106%増 米

米国で缶入りのカクテル類やアルコール入り炭酸水の販売が急増している

米国で缶入りのカクテル類やアルコール入り炭酸水の販売が急増している

ニューヨーク(CNN Business) 新型コロナウイルスの感染急増が進む米国で自宅待機などを迫られた国民のアルコール類の買い置きが増え、今年3月15〜21日の1週間での販売が前年同期比で55%伸びたことが2日までにわかった。

米情報関連企業ニールセンの調べによると、最大の106%増を示したのはアルコール入りレモネード、缶入りジンやトニックなどふたを開けたら直ぐに飲めるカクテル類だった。アルコール入り炭酸水の需要も強かった。

ビールは近年人気が衰えていたが、外出を少なくしたいとの心理を反映してか24個もしくは30個入りの大型パックの販売が約90%の激増を記録した。

同社の飲み物・アルコール類動向部門の幹部は、3月21日までの1週間は恐らくアルコール販売でのピーク時だろうと予測。同期間後の数週間の動向は、買いだめしたアルコール類が切れ、失職する米国民も増える中で、新型肺炎の危機に臨み消費者の新たな対応を見極めるよりよい材料になるだろうとも分析した。

経済の苦境が深まり、国民が食料など生活必需品に支出の重点を置いた場合、アルコール類の販売は今月落ち込むとの見方もある。バドワイザーなど価格がより安いビールの需要は堅調だろうが、売り上げの約7割を醸造所内の酒場や街のバーに頼っているクラフトビール業界は痛手を被るとの予想もある。

外出制限などの対応策が緩和され、米国内が普段の生活へ戻るような情勢になったとしてもアルコール類の販売は即座に回復しないとの指摘もある。米国民がバーやレストランに立ち寄る警戒心を解かない可能性もあるとし、バーなどのうち20%は営業再開しないとの予測も出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]