米ナイキのマイク・パーカーCEO、2020年に退任

米スポーツ用品大手ナイキのマーク・パーカーCEOが退任する/Mike Coppola/Getty Images

米スポーツ用品大手ナイキのマーク・パーカーCEOが退任する/Mike Coppola/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米スポーツ用品大手ナイキは22日、マーク・パーカー氏(64)が来年、最高経営責任者(CEO)の職から退任すると明らかにした。

パーカー氏の後任は、クラウドサービス企業サービスナウのCEOのジョン・ドナヒュー氏。パーカー氏は会長職にはとどまる。新人事は2020年1月13日付け。

ナイキは、ドナヒュー氏がナイキのデジタル革新を促進させると述べた。同社はここ数年、デジタル戦略に注力している。

ナイキは以前、2020年以降もパーカー氏がCEO職にとどまると発表していた。

パーカー氏は1979年に入社し、プロダクトデザイナーなどの役職を歴任。2006年にCEO職に就いていた。CEO就任後は研究開発に多額の資金を投じ、数多くの特許を獲得。米メディアによれば、ナイキが2018年に獲得した特許は867件にのぼるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]