アヒルの3色チョコが非難の的、商品名変更に 英スーパー

アヒルをかたどった3色のチョコレートについて、「差別的」との非難の声があがった/Waitrose

アヒルをかたどった3色のチョコレートについて、「差別的」との非難の声があがった/Waitrose

(CNN) 英国の高級スーパー「ウェイトローズ」が発売したチョコレートの商品名が、「差別的」との非難を浴びて変更された。

チョコはキリスト教の復活祭(イースター)に合わせたウェイトローズのオリジナル商品で、アヒルをかたどった3色の詰め合わせ。ホワイトチョコのアヒルが「Fluffy(ふわふわ)」、ミルクチョコが「Crispy(サクサク)」、ダークチョコが「Ugly(みにくい)」と名付けられていた。

この「Ugly」という名前に対し、人種差別的だとする批判が相次いだ。

ウェイトローズはこのほど短い謝罪文を発表し、悪意はなかったと釈明。問題の商品は数週間前にいったん販売を中止し、アヒルのラベルを変更したうえで店頭に出していると述べた。

「Ugly」の名前は、アンデルセンの童話「みにくいアヒルの子(The Ugly Duckling)」からヒントを得た可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]