米マクドナルド、ロゴを逆さの「W」に 国際女性デーに合わせ

2018.03.08 Thu posted at 12:08 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米マクドナルドが8日の国際女性デーに合わせ、M字型のロゴを「W」にひっくり返す取り組みを進めている。カリフォルニア州では、巨大な店外アーチを逆さまにする店舗も現れた。

マクドナルドの多様化責任者、ウェンディー・ルイス氏によれば、同社の象徴であるアーチをひっくり返したのはブランド史上初めてだという。

アーチを物理的にひっくり返したのはカリフォルニア州の店舗のみ。8日の国際女性デーには、マクドナルドのデジタルチャンネル全体で、逆さまのロゴが通常のロゴに取って代わる見通しだ。

ルイス氏はロゴを逆さまにする措置について、「あらゆる場所における女性の並外れた成果に敬意を表するため」としている。

マクドナルドでは米国内の他の100店舗でも、従業員が特別な帽子やシャツを着用するなどして国際女性デーを祝う方針。

企業は近年、ジェンダーの平等に関する自社の見解を表明するために国際女性デーを活用し始めている。

米ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院のティム・カルキンス教授は、国際女性デーに関し「各ブランドが女性進出の取り組みについて公言する機会としてうってつけだ」と指摘する。

マクドナルドは声明で、米国内の店舗のマネジャーのうち10人に6人が女性だと説明。「われわれには職場の女性を支援してきた長い歴史がある」と述べた。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]