世界初、ラクダ乳が原料の粉ミルク UAEで販売へ

世界最大級のラクダの飼育場を持つ「キャメリシャス」が、ラクダの乳を原料とした粉ミルクを開発したという

世界最大級のラクダの飼育場を持つ「キャメリシャス」が、ラクダの乳を原料とした粉ミルクを開発したという

ドバイ(CNNMoney) 世界最大級のラクダの飼育場を持つ「キャメリシャス」は22日までに、ラクダの乳を原料とした粉ミルクを開発したと明らかにした。ラクダの乳が原料の粉ミルクは「世界初」としている。ターゲットとする年齢層は1~3歳。

数カ月以内にアラブ首長国連邦(UAE)で販売が始まる見通し。湾岸諸国やインドなどにも輸出するとしている。

キャメリシャスの幹部は声明で、ラクダの乳を加工して作る世界で初めての粉ミルクの製造に取り組んできたと述べた。

粉ミルク市場は全世界で数百億ドル規模。市場は、ネスレやダノン、ハインツといった世界大手が大きなシェアを押さえている。専門家の試算によれば、牛乳にアレルギーを持つ幼児の割合は2~3%で、嘔吐(おうと)や下痢などの症状が出るという。

ただ、診察は難しく最大15%の子どもがアレルギーを持つとの見方もある。こうしたことから、予防措置として赤ちゃんの食事に乳製品を使うことを避ける人もいる。

キャメリシャスは2006年の創業。ラクダ5300頭を保有しており、コーヒー飲料やアイスクリームといったさまざまな製品を生産している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]