英ロイヤルウェディング、「お値段」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英ヘンリー王子とマークルさん、婚約の喜び語る

ロンドン(CNNMoney) 英王室のヘンリー王子(33)が米女優メーガン・マークルさん(36)との婚約を発表した。ロイヤルウェディングについては、会場も日程も招待客のリストも明らかになっていないが、一つだけたしかなことがある。高額になるだろうということだ。専門家からは、少なくとも7000万円はかかるだろうとの見方が出ている。

英ロンドンを拠点にしているウェディングプランナーのエイミー・ダン氏は、現代のロイヤルウェディングは控えめに見積もっても、6けたは超えると指摘。50万ポンド(約7400万円)を下回ることはないのではないかとの見方を示した。

警備態勢などを考慮に入れれば、費用はさらに増えそうだ。

以下に、ロイヤルウェディングにまつわるお金の話をまとめてみた。

誰が払うのか

ヘンリー王子の父親であるチャールズ皇太子が、来春に行われるであろう結婚式やレセプションの費用の大部分を支払うことになりそうだ。ただ、伝統的には逆だという。

歴史家で王室に詳しいケイト・ウィリアムズ氏は「伝統的には、結婚式の費用は妻側の家族が受け持つ。しかし、今回はそうならないだろう」と述べた。

兄のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式が前例となりそうだ。

この時は、チャールズ皇太子が費用の多くを支払った。しかし、ウィリアム王子によれば、キャサリン妃の家族もかなりの部分を負担したという。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「英国王室」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]